英文解釈のやり方がわからない?そんな方はここをクリック

「英文解釈」の学習をする前に必ず知っておきたい3つのこととは?

英文解釈役立つ話

この記事は

「英文解釈の学習をするにあたって何か準備しておくことはないでしょうか?例えば英文法や単語の知識はどのくらい終了していたら英文解釈の学習にすんなり入れますか?」

と悩んでいる英文リーディング学習者に向けて記事を書いています。

 

 

●みなさんこんにちは、まこちょです。

 

これから英文解釈の学習を始めようと考えている英語学習者は多いと思うのですが、いきなり英文解釈の学習に取り組んでいいかどうかという質問は非常に多いです。

 

例えば単語や英文法の知識がロクにないのに英文解釈に入っても効果がないのではないか?なんていう疑問は定番ですね。

 

確かにこれから英文解釈の学習をする方にとっては貴重な時間を割いて学習するわけですから「失敗」したくないですよね。

 

結論から言ってしまうと英文解釈の学習を始める前に押さえておくべき「準備」的なものはあります。

 

やはり英文解釈学習を最大限に効果を発揮するためには、どうしても以下に書くポイントはしっかりと押さえておく必要があるでしょう。以下の内容をしっかりとクリアしているのとそうでないのでは、英文解釈の学習効果に非常に響いてきます。

 

そこで今回は、英文解釈の学習を行う上で、最低限ここだけは押さえておきたい3つのことをご紹介します。どれもこれも学習前に怠ると英文解釈学習に支障をきたす超重要箇所ですので、ぜひ確認してみてください。

 

以下の記事を読むと次の点であなたの英文解釈能力は著しく向上します。

 

▶ 英文解釈前にできれば準備しておきたいことが分かる
▶ なぜ英文解釈をするのか、そのマインドが分かる

 

ぜひマスターしていただいて今後の英文解釈にお役立てください。

 

スポンサーリンク

英文解釈にあたって必要な前準備(マインド編)

これから英文解釈学習を行うにあたって必要なものですが、2種類あります。1つは英語力的なものの準備なのですが、実は意外にももう1つの「英文解釈の準備」が重要だったりします。

 

そう、それは英文解釈についての「あなたの考え方」、つまりマインドですね。

 

そもそもなぜ英文解釈の学習をするのか

英文解釈の学習は「精読」というジャンルに位置づけられるのですが、そもそもこの「精読」は何のために行うのでしょうか?よく英語学習者から言われるのは、

 

「精読って英文中の語句を一句一句正確に分かるためにやるんですよね?」

 

というものがありますが、この考え方はちょっと問題ありだと考えています。

 

というのも英文解釈は確かに英文を正確に理解するために行うのですが、それは語句の隅々まで1語1語全部分かるようになるという意味ではありません。

 

英語の「精読」とは、つまるところSVOCの文の要素になる部分とそれ以外の部分(M)を正確に分けられるということであり、その分類によって英文を「何となく」ではなく「確実に」分かるようにするために行うものです。

 

決して「このaboutは前置詞?副詞?」といった、まるで英文を細かく「品詞分解」をするために英文解釈をするわけではないということです。

 

英文リーディング学習者が「英文解釈」をするのは、英文を正確にスムーズに、そして最終的には【英語を英語のまま】理解できるようにするためであることを忘れてはいけません。

 

と、こんなことを書くと次のように質問してくる方がいます。

 

「先生、英文解釈するということは正確に日本語に起こせるということじゃないんですか?ですが日本語を介している時点で【英語を英語のまま理解する】という点と矛盾しているように思えるのですが」

 

というもの。確かに一見矛盾しているような気がしますが、実はここに「英文解釈」を真剣に行うい意義があるのです。

 

英文解釈は「多読」をする前の準備段階だ

よく、「英語を理解するためには、英文法の知識なんかいらない。どんどんシャワーのように英文を次から次へと読んでいけば自然に英語なんて読めるようになる!」と教える英語の先生がいらっしゃいますが、別に間違ってはいません。

 

ですが英文解釈を行う段階でこの学習方法を提唱するのは正直暴論だと思っています。

 

特に基本的な英文法の知識が皆無なのに、英文を多読よろしくガムシャラに読んだとしても、効果が薄いどころか下手をすると英語学習の「害悪」になりかねません。

 

かくいう私も高校生のころはどちらかというと「英文法くそくらえ派」。英文法はともかくとして英文をとにかく大量に読み込めば、まぁ何とかなるんじゃないの、と思っていた口なんです。

 

でも、ダメでした。英文法の知識が曖昧だったために、毎回英文の読み方の「姿勢」が定まらず意味もブレまくり、単語の意味を「ただ繋げただけ」の読み方をしているので当然です。毎回毎回英文を「適当に」読んでいたんですね。

 

 

英文を読むうえで英文法の知識をよりどころにしたフォームが出来上がっていないなんて最悪です。

 

 

もちろんこんな調子でしたので英語の成績もパッとせず、英語の成績は散々でした。

 

ここで誤解のないように言っておきますが、私は英語学習の1つに「多読」という学習方法があることを否定していません。むしろ最近の私の英語学習は、どんな英文であれ「多読 ⇒ 音読 ⇒ シャドーイング」がメインです。

 

ただ、英語学習には「段階」というものがあります。英文法の知識が曖昧なままにやみくもに多読を行ったとしても、英文が簡単なうちはそれなりの効果を発揮できますが、ある程度複雑な構造をしている英文に出会うと途端に終了し、毎回英文の読み方が変わり、当然意味の取り方も変わるといった状況になるんですね。

 

したがって英文解釈を行う上でまずみなさんに知っておいてもらいたいことは以下になります。

 

【英文解釈のする前に知っているべきこと①】

  • ①英文法の知識が不足しているのに「多読」から始めるのは回り道
  • ②「英文解釈(精読)」⇒「多読」の順にリーディング学習を行う

 

ところで英文解釈を行うのに、なぜ「英文法の知識」が必要なのでしょうか?以下の記事ではその点について深く追求していきます。

 

英文解釈に「基礎英文法」の知識が絶対に必要な理由

まこちょ
まこちょ

英文解釈に英文法の知識が必要、って…それは当たり前のころなんじゃないの、と思いませんでした?

 

英文解釈には確かに英文法の知識が必要なのは当然ですが、具体的に【英文法のどういった部分を利用して英文解釈を行っていくのか】といったポイント把握は意外に答えられない方が多いようです。

 

英文法を学習する場合、もちろんまんべんなく各単元を理解していることが重要ですが、英文解釈で英文法の知識を使うということは、必然的に英文法の「クロスチェック」を行うということになります。

 

これはどういうことかというと、例えば以下の出だしでスタートする英文があったとします。

 

 

Using this computer…

 

 

もちろんこの英文は途中経過ですが、最初がUsingと~ingの形になっており、特徴のある形になっています。

 

英文法単元で「~ing」の形をしているものは動名詞と分詞がありますが、この時点ではどちらの文法事項を指しているのかは分かりません。

 

それを意味的なアプローチではなく「形」から、どちらの~ingを使っているのかを判断できるようになろう!というのが英文解釈の主な目的です。

 

つまるところ英文解釈はこの「クロスチェック」または「トリプルチェック」の雨あられです。

 

毎回訪れる英文法の分岐点を曖昧な意味的な判断から、100回行って100回正確な解釈ができるようになる訓練を積むことが英文解釈の最大目標と言って良いでしょう。

 

ところが、クロスチェックを経て正しい解釈の方法を学習するのが英文解釈の主目的なのに、~ingの形が「動名詞」は知っているけど「分詞」は知らない、といった極端な英文法の知識しか持たなかったらどうですか?

 

つまりクロスチェックをしたくても英文法の知識が不十分なのでそもそも~ingの用法には2つの選択肢があることすら気づかない状態になるということです。これは英文解釈学習としては効果が期待できませんね。

 

何も「マニアックな英文法の知識を事前に知っておけ」と言っているのではありません。そうではなく中学生で学習する程度の【基礎英文法】をまんべんなく知っておかないと、いざ英文解釈を行うときに十分な効果が発揮できませんよ、と言っているんです。

 

そこで英文解釈を開始する前に肝に銘じておきたい2つ目のポイントはこれです。

 

【英文解釈のする前に知っているべきこと②】

  • ①英文解釈は英文法の「クロスチェック」をするための訓練方法だ
  • ②基本的な英文法事項を会得してから英文解釈に取り掛かろう

 

英文解釈はいつから始めるべきか?

英語学習者からよくある質問に

 

「英文解釈っていつから始めたらいいでしょうか?」

といったものがあるのですが、これもいろいろな意見がありますね。

 

先ほども言った通り、英文解釈を開始するにはある程度英文法の知識が必要不可欠です。ということはおのずと英文解釈を行う時期は必然的に決まってくるかと思いますが、もし中学の英語学習で英文法の知識をしっかり学習している方は、高校英語のスタート段階で英文解釈学習を始めても全く問題ありません。

 

ただし英文解釈を行う英文のレベルは慎重に吟味しましょう。

 

通常英文解釈を行う場合、扱う英文は第1パラグラフ(3行~5行程度)のものを使うことが多く、それなりに負荷のかかる英文でないと英文解釈の効果が薄いのですが、最初から最後まで英単語の難易度が高すぎて全く読めない、ということになるとそれはそれでテンションが下がります(笑)

 

ですから英文解釈を選ぶ基準としては、最初にざっと読んでみて6割程度理解できる教材を選ぶといいのではないかと思います。

 

また英文解釈をした英文は最後に必ず音読をするのを忘れずに!これによって英文から日本語を完全に排除して読む姿勢が出来上がります。

 

まこちょ
まこちょ

音読の重要性については以下の記事を確認してみよう。英語を英語のまま理解するようになるためには避けて通れない学習です!

 

英語学習に「音読」がなぜ必要なのか?英文リーディングで一番重要な音読の効果を語るよ

 

【英文解釈のする前に知っているべきこと③】

  • ①英文解釈は中学英文法の知識をマスターしてから行う
  • ②英文解釈に必要な英文のレベルは6割程度理解ができる教材
  • ③英語を英語のまま理解するには「音読」が必要不可欠

 

 

スポンサーリンク

英文解釈を始める前についてのあとがき

今回は英文解釈を始める前に必ず知っていなければならない3つのことをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

 

英文解釈はやり方を間違えなければ、正確に英文理解できるという点で非常に効果的な学習方法です。多読をいつもしているけれど正確に読めているのか曖昧だ、という方はかなりおすすめできる学習方法になりますので、ぜひ取り組んでみたらいかがでしょうか。

 

そして英文解釈を取り組む前の心構えができたら、ぜひ以下の記事を読んでみましょう。本格的な英文解釈の第一歩としてまず取り組むべきポイントが整理されています。

初心者への英文解釈指南!学習方法でまずは読みたいおすすめ記事14選はこちら!

 

ぜひマスターして今後の英文解釈にお役立てください。

 

また会いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました