英文解釈のやり方がわからない?そんな方はここをクリック

【誰でもできる】英文リーディングで日本語に訳さなくなる驚くべき方法とは?

英文解釈役立つ話

この記事は

「英文リーディング学習をしているとき、どうしても日本語に置き換えて英文の意味を考えている私がいます。将来的に英語は英語のままで理解したいと考えているのですが、何か効果的な方法はないでしょうか?やはり普段の英語学習から英語のまま学習するように意識することが重要ですか?」

と悩んでいる英文リーディング学習者に向けて記事を書いています。

 

●みなさんこんにちは、まこちょです。

 

英文リーディングを日々学習している方にとって、目の前の英文を英語のままスラスラと内容を理解できるというのは憧れですよね。実は私もそうでした。

 

なぜ「英語」なのに要所要所で「日本語」を介さなくてはならないんだ、といつも不甲斐ない自分を責めながら英語学習をしていた時があります。

 

もちろん「英語を英語のまま理解したい!」と思っている方は英語学習をしている方ほぼ全員の願いであり、こういった相談はひっきりなしに私のところにやってきます。

 

そしてこういった質問を受けるたびに思ったりするんです。

 

 

そういえば、私はいつから英語を英語のまま理解するようになったのだろうか?

 

 

そう、私は今でこそほとんどの英語を日本語を介さないで読み聞きできますが、もちろん最初からできたわけではありません。私は英語の国から生まれたわけではなく、正真正銘「純ジャパのおっさん」なんです(笑)

 

そこで今回は私の実体験を踏まえて、英語を英語のまま理解し日本語に訳さなくなる過程と効果的な学習方法をみなさんにご紹介します。

 

ただし、以下の記事で説明をする前に一言申し上げますが、「英語を英語のまま理解する」のはそれほど簡単なことではありません。

 

もしかしたらもっと楽に「英語脳」を作れるプロセスがあるのかもしれませんが、私は自分の経験上でしかメソッドを語れないので、その辺はよくわかりません。

 

したがって以下の記事は私が実際に行ってきた「英語脳」の作り方と考え方です。ぜひその辺をご理解いただけたらと思います。こういった英語脳の作り方もあるのだな、といった感覚で参考にしていただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

最初から日本語を介さない英語学習は無理【断言】

まず、いきなり身も蓋もないことを言わせていただきますが、英語学習の初期段階で「日本語」を全く入れないで英語学習をするのは、正直無理だと個人的には思っています。

 

いや、正確に言えば可能なのでしょうが、あまりにも苦行すぎるんです。

 

確かに、いきなり日本語を完全に封じて英語学習は英語のみで、という考え方は一見最短ルートのように見えます。ですが私のような純ジャパは日本語の回路がすでに頭に出来上がっていますので、その点ですでにネイティブの方とは違うし、帰国子女の方とも違うなと。

 

もっと言うと、当時の私は「俺は日本人だから、困ったときに自分の母国語で考えて何が悪い!」とよく分からない考え方も持っていたので、実は英語学習に日本語を入れて学習?むしろ上等、というスタンスで英語学習をしていました。

 

とはいっても、では英語学習をするときに日本語100%で勉強をするのは、もはや英語学習ではないのでは?という若干正常な部分も持ち合わせていたので、さりげなく日本語をなるべく介さない英語学習メソッドを模索していたんですね。

 

この時点で当時の私が持っていた英語脳の考え方をまとめておきます。

 

【英語脳のメソッド作成までの私のマインド①】

  • 英語学習に日本語を入れないなんていうのは無理
  • むしろ日本語を入れたほうが効率がいい
  • 私は純ジャパだ ←
  • ただ英語学習にオール日本語はどこかおかしいとも思っていた

 

まぁよくある英語学習者の発想そのまんまなのですが(笑)、こんな考えを持っていた私がどうやってこの状態を脱していくのか?を以下でご紹介します。

 

スポンサーリンク

そもそも英語を英語のまま理解しているときはどんな時?

というわけで当時の私は、与えられた英文を律儀に和訳して内容を理解するという手法で英語学習をしていたのですが、英文法の知識も曖昧であり、一向に英文を読むスピードも上がりませんでしたね。

 

もちろん言うまでもなく英語の成績も大したものではありませんでした。ですがそんな中でも「ある考え」が私の中にあったんですよね。

 

例えば以下の英文ですがこの英文を見てみなさんはどう思いますか?

 

I am happy.

 

うん、めちゃめちゃ簡単な英文ですよね。英語を習いたての中学生でもない限りこの英文を訳すなんて簡単です。

 

というか、この英文って日本語に訳さなくても内容がわかりますよね?

 

そう、このように簡単な英文でしたら、何も日本語に訳そうと思わなくても英文の内容が分かります。この英文でしたら大丈夫です。

 

ですが以下の英文になったら思わず「うっ…」とうなってしまう英語学習者もいらっしゃるんじゃないですか?

 

At present, in the most civilized countries, freedom of speech is taken as a matter of course and seems a perfectly simple thing.

引用:英文中の主語(S)と動詞(V)を効率よく見つける方法とは?

 

そう、こうしてみると英文には日本語で訳さなくても内容が完全に分かるものもあれば、一度丁寧に英文解釈して内容を理解しなければ、とてもではないが英語を英語のまま把握することが難しい英文だってあるわけです。

 

つまり平たくいうと、自分の英語脳のキャパを超えてしまうような英文は、どう頑張っても英語のまま理解することは不可能なんですね。

 

つまりここまでで、英語を英語のまま理解するためにあなたが必ず理解しておかなくてはいけない点が次のことなのです。

 

【英語のメソッド作成のためのマインド②】

  • 英語脳(英語のまま理解できること)のレベルは、人によってまちまち
  • 現状の英語のレベルを超えた英文が出るとどんなに頑張っても英文を英文のまま読む事は不可能

 

では、純ジャパは永遠に英語を英語のまま理解することは不可能かというと、決してそうではありません。現に完璧に英語を使いこなす日本人なんて星の数ほどいますしね。

 

確かに、すべての日本人がいきなり英文を英語のまま理解するのは難しいかと思いますが、英語のまま対応できる英文の量をトレーニングによって増やすことは十分可能です。

 

それが以下にご紹介する「まこちょ流英語脳養成プログラム」です。

 

…なんか、きな臭いトレーニング法が出てきたなぁ、おい

 

スポンサーリンク

ガチでおススメ!「まこちょ流英語脳養成プログラム」とは?

I am happyのように日本語を介さなくても英語のまま理解できる英文の量を増やす「まこちょ流英語脳養成プログラム」、名前こそインチキ臭いですが効果は絶大です。

 

どうしても自分の英語脳のキャパを超えてしまう英文は、いくら慌てても英語のまま理解することはできません。

 

ですが以下にご紹介するトレーニングを学習に組み込むことで、まるでI am happyと同じような感覚で複雑な英文も英語のまま理解できるようになります。

 

ただし!このプログラムは「段階」を踏むことが命です。絶対に間違えないでください。

 

プログラム①:英文を「精読」することで英語脳を構築する

そもそも複雑な英文をどうしても英語のまま理解できない原因は

 

  • 英文構造の把握が瞬時にできていない
  • 複雑な英文を理解できる回路が脳に出来上がっていない

 

せいです。ですがこの2つを同時に鍛えることができる英語学習があるんですね。

 

そう、それは英文を「精読」することなのです。つまり当ブログの目的の1つである英文解釈をまずはしっかり行いましょう。

 

特に重要なのが、英文解釈(精読)の学習で、主語(S)と動詞(V)の位置をしっかり把握する訓練をしっかり行うこと。複雑な文を英語のまま理解するポイントの1つはここです。

 

英文を一読して一発で主語(S)と動詞(V)が分かるようになるまで英文解釈(精読)を繰り返してください。

 

英文リーディングは主語(S)と動詞(V)を正確にいつでも把握することができれば解釈の「半分」は終了しているんです。逆にこの箇所が分からない方はいつまでたっても英語脳を鍛えることはできません。

 

あ、ちなみに英文解釈で精読しているときはいくらでも日本語を使っていただいて結構です。

 

面白いと思いませんか?今回のテーマは英語を英語のまま理解するための方法論です。ですがトレーニング中、いくら日本語を駆使して英文を解釈しても構わないと言っているんです。

 

この英文解釈(精読)で、どんな難しい英文でもしっかりと英文法のルールを駆使して正確に読む訓練をします。

 

ただ何となく読めた【気】になった複雑の英文を脳に刷り込んでも意味がありません。

 

 

プログラム2:解釈をした英文を脳に刷り込む

さて「まこちょ流英語脳養成プログラム」の本番はこちらです。

 

英文解釈を英語学習に組み込む方は多いけれど、英文解釈【だけ】やって学習を終わりにする方がいかに多いことか…あなたもそうではないでしょうか?

 

ですが、これはあまりにももったいない行為です。

 

英語を英語のまま理解しようとしているのに、ガッチガチに日本語を使って英文解釈してそれで終わりって…それではダメです。

 

そう、ここからが私の英語脳プログラムの真骨頂、むしろここからがキツイんですよね。なぜなら、ここから先は【英語から日本語を取り除くための】トレーニングだからです。

 

そのためには、単語から文法から表現から、とにかく全てにおいて完璧に理解した英文を使うのが鉄則。だから英文解釈での精読が必要なんです。

 

ここからは徹底的に「日本語」を排除します。以下の行程を徹底的に「なめる」ように解釈した英文を使って行います。

 

①音読 

初めにご紹介するのは「音読」です。この英語学習法ですが、英語脳を作るのにこれほど万能な学習方法もありません。

 

音読を行うと得られる効果は以下の通り。一番のポイントは「返り読み」をしなくなることと、英語独特のリズムが分かるというところです。

 

【音読を行うメリット】

  • 返り読みをしなくなる
  • 英語独特のリズムが分かる

 

まこちょ
まこちょ

まず音読をすることによって英文から「日本語」を取り除きましょう。以下の記事を読むと音読の重要性が分かります。

 

英語学習に「音読」がなぜ必要なのか?英文リーディングで一番重要な音読の効果を語るよ

 

②シャドーイング

はっきり言いましょう、英語学習でシャドーイングを使わないのはほとんど「罪」と言ってもいいくらい重要な学習方法です。

 

この学習方法を取り組むと分かるのですが、最初は脳がしびれるほど痛くなります(笑)シャレにならないほどガンガンします。

 

ですがその痛みが消えるころ、あなたの脳は英語脳として確実にグレートアップします。

 

【シャドーイングをするメリット】

  • とにかく負荷が半端ない(英文を聴く能力とそれを口に出す能力)ので、その効果は抜群
  • 日本語に置き換える暇がない

 

まこちょ
まこちょ

シャドーイングは英語学習の「友」として必ず会得してください。これによって英語脳をしっかりと作れるかどうかが決まります!

 

シャドーイングとは?効果とやり方、コツについて初心者でも分かるよう徹底解説します。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、英語を英語のまま理解する方法を解説しましたがいかがだったでしょうか。

 

英文を日本語を介せずに、英語のまま理解するには「英語脳」を今よりも強靭なモノにするしかないのですが、そのためには正確な英文解釈が必須である、というのが今回の言いたいことです。最後にまとめると、

 

【英語を英語のまま理解するためには】

  • ①英文解釈で徹底した構文把握
  • ②日本語を忘れるための音読・シャドーイング

 

が必要不可欠です。ぜひこの手順をマスターしていただいて強力な英語力を身につけてくださいね。

 

また会いましょう。

 

英文解釈の学習方法がよく分からない方は以下の記事をクリックしてみましょう。

初心者への英文解釈指南!学習方法でまずは読みたいおすすめ記事14選はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました