英文解釈は本当にいらない!?必要な人とそうでない人をはっきりさせてみた!

英文解釈役立つ話

この記事は

「正直言って英文解釈って何の役に立つのでしょうか?いらなくないですか?英語って英文法と単語と熟語がしっかり覚えていれば英文解釈をわざわざする必要はないんじゃないですか?

と疑問に思っている英語英文リーディング学習者に向けて記事を書いています。

 

●みなさんこんにちはまこちょです。

 

このブログは英文解釈、つまり精読についての解説をメインにしたブログになるんですが、よく英語学習者から英文解釈って必要ないんじゃないですか?といった質問を受けます。

 

確かに、英語は暗記科目と言うイメージがあるせいか、英文法・英単語・熟語等の基本的な知識がある程度身についたら後は長文をどんどん読んでいくというスタイルがメインです。

 

そうすると、ある程度単語の意味がわかってしまったらそれなりに英語を読むことができてしまいますから、そうすると英文解釈はいらない、必要ないと感じてしまうのは当然かもしれません。

 

ですが本当に英文解釈は「いらない」のでしょうか?

 

そこで今回は英文解釈が必要な人と必要じゃない人について解説します。

 

やはり、世の中には英文解釈が必要な人と英文解釈をやることによって効率が悪くなる人の2種類のタイプがいるんです。あなたは本当に英文解釈がいらないのか?を冷静に考えてみるのは重要ですね。

 

以下の記事を読むと、次の点であなたの英文リーディング能力は著しく向上します。

 

▶英文解釈が必要な人と不必要な(いらない)人の違いがわかる

 

ぜひマスターしていただいて、今後の英語学習にお役立てください。

 

こんな人は英文解釈がいらない(不必要)

英文をビジュアルでとらえる写真

まずは、英文解釈の学習がいらない人について説明します。ここでは、英文解釈を学習に組み込むことによって、逆に英語学習の効率が落ちる方のことを指します。

 

①英語の配置に慣れている人

ご存知の通り英語は日本語と違って配置が全く逆になります。したがって、日本語の語順の通りに英語を読むともちろん違和感があるのですが、その点をよく熟知していて英文を読むことができる人は、あえて英文解釈を学習に組み込む必要はないかもしれません。

 

②英文法の知識を長文読解に当てはめることができる人

やはりこれが1番大事でしょう。学校や独学で学習した英文法の知識を、スムーズに英文を読むときに応用できる人は、基本的に英文解釈をする必要がありません。

 

意外と英文法と長文読解の学習を「別物」と考えている英語学習者は多いです。そうなると何のために英文法を学習しているのか、今一つ目的が曖昧になりますので注意が必要ですね。

 

③英語の偏差値が65以上の人で既に文章の構造がある程度理解できる人

基本的に英文解釈の目的というのは、これまで学習した英文法を、どうやって英語長文に活かしていくかということになります。

 

つまり英文の構造をある程度理解している人は、すでに英文解釈を学習に組み込む必要はありません。

 

もちろん基本的な英語力を持っている人でも英文解釈を取り入れなければならない場面もありますが、それは以下の記事で解説します。

 

絶対に英文解釈が必要な人

壁の英文に悩んでいる男性の写真

正直言ってこちらの方がはるかに重要です。そもそも英文解釈の目的は英文を正確に理解できるようにすると言うものですから、英文を読むたびに違う解釈になる人は当然一度英文解釈を【真剣に】英語学習に組み込む必要があります。

 

①英文が単に単語が並んでいるようにしか見えない人

まずはこれですよね。よく単語の意味さえわかれば、英文は読めるよと言う人がいますが、さすがにそれだけでは無理があります。

 

例えば次の英文なのですが、正確に訳すことができますか。

 

例①

We gave him a present yesterday.

「私たちは昨日、彼にプレゼントをあげた」

 

例②

We gave a present him yesterday.

「私たちはプレゼントに彼をあげた」

 

 

この2つの英文は、2つの単語の位置を変えただけなのですが、いくら2つ目の文の日本語が変だとしても、「こんな訳なんてあるわけないよね」ということになります勝手に脳内で訳を①に変換してはいけません。

 

それは単に日本語の意味に引っ張られているだけじゃないですか。

 

英語の語順にはルールがありますので、たとえ日本語の意味がおかしかったとしても英語の語順のルールに従って読まざるをえません。たとえ出来上がった英語の意味が「変」だったとしてもです。

 

このように、日本語の意味に引っ張られて、勝手に意味を脳内変換してしまう人は絶対に英文解釈を行うべきです。

 

①長文を読むスピードが遅い人

英文解釈をするとスピードが遅くなってしまうから、長文を早く読む訓練には向かないんじゃないか?と思った人、実はそうではありません。

 

英語の長文が読むのが遅い人は、もちろん単語量の不足とかいろいろな要因が重なっていますが、一番の原因が、【英文を左から右に一度読んで、英文が何を言っているのか掴むことができない人です】。

 

英文解釈の訓練をすると英文を前から読んでいって、次にどういった形が後に続いているかがわかるようになってきます。そうすると英語独特のリズムがわかるなので、必然的に英文を読むスピードが上がると言うわけです。

 

矛盾しているように見えますが、実は英文解釈をじっくり行うと英文を処理する能力が格段にアップするんです。

 

②やたらに返り読みをする人

例えば関係代名詞節を見たら必ず後から前の名詞にかけるといった、俗に言う「返り読み」をする人がいますが、最初の段階では致し方ないかもしれません。

 

ですが英文解釈が慣れてくると、この返り読みをしなくても英語の構造がしっかりとわかるようになりますので、前から順に読むだけで、つまり返り読みをしなくても英文を理解できるようになってきます。

 

意外かもしれませんが、英文解釈をしっかりすることによって、英文の返り読みを抑えられるようになりますしそうすると必然的にリスニング力も向上します。

 

③英作文でやたらに減点をもらう

英作文で細かい減点をもらってしまう人は、もしかしたら英文をただ何となく、ふわっとした感覚で捉えているかもしれません。だから英作文などのライティングで細かい箇所が減点されると言うわけです。

 

英作文は与えられたテーマにしたがって英文を書くわけですが、書く内容については、よほどテーマに反したものでない限り減点されることはありません。といいますか表現の自由ですので減点できません(笑)

 

そうするとどの点で英作文が減点されるのかはお察しですよね。そう、英文法や表現の部分です。

 

ところがこの辺は普段の英文を「なんとなく」読んでいる限り、絶対に改善されないポイントです。「この箇所はtoじゃなくてatがいいよね」なんて、英文をぼんやりと読んでいる際に身につくわけないじゃないですか。

 

したがって英文解釈を丁寧に学習に取り入れて、細部までしっかりと噛みしめる癖を普段からつけておく必要があるのです。

 

④英語の試験で和訳と英作文が課せられている人

例えば、大学入試などで、英語の問題に和訳や英作文が課せられる大学を受験する方は英文解釈をしっかり行っておく必要があります。

 

英文和訳も英作文もなによりもまずしっかりと英文法のルールに乗っ取り行われているかを問われますので、普段から英文を正確に読める、書けると言う基本的なことを、忠実に行えるかというのが大事です。

 

⑤将来ビジネスで英語をメインに使おうと思ってる人

この点も英語学習としては重要視してほしいです。当たり前の話ですが、みなさんの英語は学生時代だけに必要なものではありません。

 

将来ビジネスで英語が必要な方は、今のうちに「正確に英文で内容を伝えられる」という点を重要視しておきましょう。

 

社会人になるとメールのやりとりなどを英文で行うのは普通で、勢い正確に内容を理解する能力が必須ですし、自分の言いたいことを正確に相手に伝えられるのは当然のことです。

 

しかも相手も大人ですから、あなたの英文の間違いをいちいち丁寧に説明してくれる事はほぼ皆無。したがって、余裕がある学生のうちに、しっかりと確実な英文解釈能力を養うことで、アウトプットにも生かせられるようになっておくのが無難です。

 

英文解釈が必要な人まとめ

今回は英文解釈の学習がいらない人、必要な人について解説しましたがいかがだったでしょうか。

 

こうしてみると英文解釈がいらない人というのは、実は英文解釈をする必要がないほど、英語に関してはエキスパートな場合が多いので、自信のない人はしっかりと英文解釈の学習を行うようにしたほうがよさそうです。

 

しかも正確に英文を読めるということは勢い周りからの「信頼」につながります。自分のためだけでなく、あなたの英語に関わる人に幸せを与えられるなんて最高じゃないですか。

 

ぜひ英文解釈もあなたの学習に1つに加えてみてください。また会いましょう!

 

英文リーディング学習にはコツがある!そのノウハウを得たい方は以下のカテゴリをのぞいてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました