英文解釈のやり方がわからない?そんな方はここをクリック

接続詞 as / thanの後はよく倒置する?その理由と見分け方はこれだ!

倒置

この記事は、

「比較級のasやthanは接続詞だと学習したのですが、そうするとas / than の後ろはS+Vと文が続くはずですよね?ところがごくまれにas / thatの後ろにいきなり動詞が来ることがあるんです。この文構造はどうなっているのでしょうか。もしかして「省略」?」

と悩んでいる英文リーディング学習者に向けて記事を書いています。

 

●みなさんこんにちは、まこちょです。

 

比較級のas / thanは「接続詞」という知識は、比較を学習するときの超基礎になる部分なのですが、意外に中学の時にその点をあまり触れないで学習してしまう英語学習者って多いです。

 

例えば次のような比較級の簡単な英文でも、as / thanの後ろが単語1語という理由だけで、接続詞というより前置詞的にとらえている人は予想以上に多いですよ。

 

I am taller than you

「私はあなたより背が高い」

 

この例文だってthanの後ろにyouがポツンとあるだけなのですが、than / asが「接続詞」と理解していれば、このyouは「ただのyou(?)じゃない」と感じることができ、少なくともyouは「文(S+V…)の一部分」だと頭が働くようになります。

 

まこちょ
まこちょ

この考え方は比較級について学習する上で非常に重要なポイントになりますのでぜひマスターしておきましょう!

 

比較級の超基本はこれ!than / asは実は「接続詞」であることを忘れてはいけない!

 

今回のお話はas / than 以下が「文」が来るという知識の応用になります。この2つが接続詞ということは、上の例文ももともとは以下の形だったのですが省略がかかっているということになりますよね。

 

I am taller than you (are)(tall)

 

そのうち、as~as~と~erの「~」の部分に書かれたものは、as / than以下に書いてはいけないとルールであるので省略されるのは「当然」ですが、実は動詞も省略されます。

 

ところがごくまれに、動詞が省略されるのではなくて、主語の前に動詞が移動して「倒置」することがあるんです。

 

I am taller than (are)(V) you(S)

 

ところでなぜこのような倒置が起こるのでしょう?まだ省略してしまったほうが分かりやすいのでは?と思うのは私だけでしょうか。

 

そこで今回は、接続詞as / thanの後ろの「倒置」の形について徹底解説します。以下の記事を最後まで読むと、次の点であなたの英文リーディング能力は大幅にグレートアップします。

 

▶ 接続詞as / thanの後は「倒置」することがある
▶ なぜ「倒置」するのか理由が分かる

 

ぜひ会得して、倒置が発生しても慌てない英文解釈能力をつけましょう!

 

スポンサーリンク

英文は最後がbe動詞で文が終わるのを嫌う

ところで、なぜasやthanの後ろのS+Vは「倒置」が起こるのでしょうか。実はこれにはちゃんとした理由があったりします。

 

英文は大文字から始まってピリオド近くにいくほど重要な情報を置くのが基本です。文の初めは「誰でも分かるような情報」を置いて、文の終わりに「誰も知らないような重要な情報」を出していく、これが英文をスムーズに理解できる流れなんですね。

 

まこちょ
まこちょ

このような流れを、難しい言葉でいうと「情報構造」なんて言ったりします。英文を作るときにこの情報の流れを意識しながら読むと、格段に英文読解力が上がるので一度集中的に学習してみたらどうでしょうか。

以下は他サイトの記事ですが、気合入れて「情報構造」をまとめています。

 

「情報構造」って一体何なのか徹底的に考えてみた!(基礎編)
「情報構造」という考え方とはいったい何でしょう?情報を円滑に相手に伝えるにはどういったことに注意すればよいのか今回は検討します!読みやすい・伝わりやすい英文を書くにはいったいどうすればよいのか、このブログを通じて考えていきましょう!

 

つまり英文は「文末」にいくほど重要な情報を置きたいんです。まちがってもbe動詞などの意味のない単語で文を終わりにしたくないんですね。

 

そこでbe動詞や 助動詞、do、haveなどはこれらの言葉で最後を終わらせたとしても情報的には「無意味」なので、よく倒置が起こるのです。

 

Sandstone in general is more easily cut and shaped than are hard rocks such as granite.

「サンドストーンは一般的に、他の硬い石より、切りやすく加工しやすい」

 

than以下を書くと通常はthan hard rocks(S) such as granite are(V)となるはずですが「省略」するならまだしも、残す場合、be動詞などの動詞を最後に置いておくのは無意味なので「倒置」しているんです。

 

My wife looks taller than my sister (does).

My wife looks taller than does my sister.

「私の妻は妹より背が高く見える」

 

これは「比較級(接続詞)」のas / thanで特に起こりやすい現象ですのでしっかり押さえておきましょう。

 

以上のことを踏まえて、今回の課題英文にチャレンジしてみましょう。as / than以下が倒置しやすいということをマスターしていると、以下の英文なども驚くほどスムーズに読めることに気づくはずです。

 

スポンサーリンク

as / thanの後ろの文についての練習英文

【課題文】
There are millions of Hindus and Jains in India who, for religious reasons, will not eat meat. The idea of eating beef is particularly abhorrent to them, as is the eating of pork to Muslims and Jews.   (慶応大)

【単語・表現】

  • Jain「ジャイナ教徒」
  • abhorrent to~「~に嫌悪感を起こさせる」

 

解説

There are(V) millions of Hindus and Jains(S) in India who, …
「インドには….である何百万ものヒンズー教徒やジャイナ教徒がいる」
 
典型的なThere~の文からこの文はスタート。特に文型的には問題はないかと思うのですが、There~の文はV+Sと主語と動詞が逆になっていること、関係代名詞のwhoが見えているので、先行詞は「人」、したがってmillions of Hindus and Jainsが「先行詞」であることを押さえつつ次に行きます。
 
 
https://english-reading.net/2019/04/02/there-ing/
 
 
 
… who, for religious reasons, will not eat meat.
宗教的な理由で肉を食べない…」
 
 
関係代名詞のwhoは「主格」ですから後ろの文には主語のない文が続きます。ですがその前にカンマで挟まれた箇所(,~,)が。
 
 
「挿入」の処理はパターン確立していますので、以下の記事を確認してみてください。ここではwill not eatを修飾する「副詞句」として機能しています。
 
 
ここまでで
 
 
There are millions of Hindus and Jains⇐[who, (for religious reasons)⇒will not eat meat].
 
 
 
と捉えられていればバッチリ!です。
 
 
 
まこちょ
まこちょ
「挿入」は英文リーディングを困難にさせる厄介な用法。以下の記事で「挿入のすべて」をパターン学習できますので、ぜひチェックしてみてください!
https://english-reading.net/2019/05/03/sounyuu-method/
 
 
 
The idea(S) of eating beef is(V) particularly abhorrent to them,…
 
 
ofの訳しかたはいくつかありますが、ofの後ろに~ingの形が来た場合、ofは「同格」表現になることを覚えておきましょう。訳し方は「牛肉を食べる【という】考え」と解釈します。
 
 
 
まこちょ
まこちょ
「同格」表現は熱い!英文解釈にはたくさんの同格表現がありますので次のページを要確認です!
 
https://english-reading.net/2019/08/19/doukaku-shurui/
 
 
訳「牛肉を食べるという考えを特に彼らは嫌悪する」
 
 
as is(V) the eating of pork to Muslims and Jews.
 
 
さて、今回の勝負ポイントですね(笑)asのすぐ後ろにisが見えますから、この時点でこのasが「前置詞」の線は消えます。
 
 
このisがもし「倒置」していると仮定するなら、元の位置に戻してみましょう。その時、実はto Muslims and Jewsの部分が強力なヒントになります。この形と同じ形をasの前で見ませんでしたか?
 
 
では解答です。ここでは
 
 
The idea of eating beef is abhorrent to them,
 
as the eating of pork is (abhorrent) to Muslims and Jews
 
豚肉を食べることをイスラム教徒及びユダヤ教徒が嫌うのと同様である」
 
 
 
と接続詞以下に一部省略があるのを見抜けた人はもう大人です(笑)
 
 
 
接続詞のasをはさんで、前後のS+Vが非常に似ている文が来たとき、それは「様態」のasのサイン。「~と同様に」「~のように」などの訳を当てていきましょう。
 
 
 
まこちょ
まこちょ
接続詞のasは今回のテーマですが、実は訳し方は多種多様。以下の記事をぜひ一度確認してみてくださいね!
https://english-reading.net/2019/08/04/as-setuzokushi/
 
 
 
全訳「宗教的な理由で肉を食べない何百万ものヒンズー教徒やジャイナ教徒がインドにいる。牛肉を食べるという考えを特に彼らは嫌悪するが、それは豚肉を食べることをイスラム教徒及びユダヤ教徒が嫌うのと同様である」
 
 
スポンサーリンク

as / than以下の倒置についてのまとめ

 
今回は接続詞のas/thanのうしろで発生する「倒置」について解説いたしました。
 
 
なかなか難しいですがぜひモノにして英文解釈を一段と鋭くしてくださいね!
 
 
まこちょ
まこちょ

なお倒置について集中して学習したい方は以下のカテゴリ一覧をのぞいてみてください。あらゆる倒置のパターンを完全に網羅しています!

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました