英文解釈のやり方がわからない?そんな方はここをクリック

文頭にto不定詞があったときの解釈方法は?2パターン押さえれば完璧です!

文頭のto不定詞

この記事は

「先生To V…で始まる英文なんですが、この不定詞を「~すること」と名詞用法として訳すのか、それとも「~するために」と副詞用法で訳すのかいつも悩んでしまうんです。どうやって見分けたら良いでしょうか?」

と悩んでいる英語リーディング学習者に向けて記事を書いています。

 

 

● こんにちは、まこちょです。

 

 

英文は「文頭」がどういった形でスタートしているのかを見ただけで、比較的簡単に英文解釈が出来てしまうものがあります。

 

今回ご紹介する「文頭のto不定詞」もそのタイプ。実はこの文頭のto不定詞の見分け方は超簡単に処理をすることができるんです。

 

そこで今回は文頭のto不定詞を簡単に解釈する方法を教えます。この文頭の不定詞は、英文解釈はもちろんのこと、英文和訳問題でもよく問われる箇所なのでスムーズに見分けられるようにしてきましょう。

 

以下の記事を読むと次の点であなたの英文解釈力は目に見えて向上します。

 

▶ 文頭のto不定詞の解釈の仕方が理詰めでわかる
▶ 文頭のto不定詞の解釈パターンが思った以上に少ないことがわかる

 

「そんなこと言って…すごく難しいんじゃないの?」

 

まこちょ
まこちょ

ふっふっふ…心配無用。超簡単だ。

 

 

スポンサーリンク

文頭のto不定詞の基本的な英文解釈パターン

まずは次の2つの例文をそれぞれ英文解釈してみましょう。

 

【問】次の2つの文を和訳しなさい
(1) To solve this problem is important.
(2) To solve this problem, we should do everything.

 

 

この2つの文は文頭のto不定詞の典型的な基本英文をご紹介していますが、この2つの文ですらそれぞれのto不定詞を見分けるのが苦手な人がいます。

 

でも心配しないでください。この文頭の不定詞の使い分けは実は簡単です。英文解釈の「要」となる部分ですので、しっかりとパターンを理解してください。

 

文頭のto不定詞の解釈パターンは2つ

文頭のto不定詞の訳し方は、不定詞の名詞用法「~すること」として訳す場合と、副詞用法「~するために」と解釈するパターンの2パターンしかありません。まずはこの点をしっかり押さえましょう。

 

文頭のto不定詞の解釈パターンは2種類しかない。

 

 

「ちょっと待った!先生本当に2種類しか解釈パターンがないんですか?だってto不定詞って『名詞用法』と『副詞用法』、それに『形容詞用法』の3種類があるはずじゃないですか!」

 

これは鋭い質問ですよね。そうその通りで、本来to不定詞というのは3用法あるんです。

 

まこちょ
まこちょ

不定詞の3用法っていったい何?と思ってしまった人は以下の記事がおススメ。不定詞の基本についてどっぷりとつかれます。

 

to不定詞の3用法を見分ける方法とは?たった一つのコツで完全に分かるコツ教えます

 

ではなぜ文頭のto不定詞の場合、「形容詞用法」は初めから考えなくて良いのでしょうか?

 

to不定詞の形容詞用法はtoの前に名詞が必要

これはto不定詞の形容詞用法がいったいどう使われるのかを理解していると瞬時にわかるポイントです。例えば以下の例を見てください。

 

 

I have something to eat.

「食べ物がある」

 

 

この文は典型的な不定詞の形容詞用法の英文なのですが、形容詞用法のto不定詞というのは、必ずtoの前の名詞にかかります。つまりこの例文ではsomethingにto不定詞がかかることになりますよね。

 

 

something ⇐ [to eat]

 

 

ところが文頭のto不定詞はTo~から英文がスタートします。したがって初めからto不定詞を修飾する名詞が前にないのですから形容詞用法の線はない、ということが分かりますよね。

 

 

文頭のto不定詞に「形容詞用法」の線は初めから考えなくていい

 

まこちょ
まこちょ

形容詞用法は英文リーディングで超重要ポイント!以下の記事で不定詞の形容詞用法のポイントをしっかり理解しておこう。

 

不定詞の形容詞用法の訳しかたは1つだけじゃない!これが英文解釈に必要な用法だ

 

 

そうすると文頭のto不定詞は「名詞用法」と「副詞用法」の2つだけを考えればよいと分かるのですが、この2つもしっかりとパターンで使い分けることが可能です。

 

文頭のto不定詞が名詞用法「~すること」の場合

英文中の「名詞」というのは必ず何らかの役割が与えられています。

 

 

具体的に言うと主語(S)・目的語(O)・補語(C)・前置詞の後ろ(前置詞の目的語(O)と言います)のどれかになるのですが、to不定詞は前置詞の後ろに置くことができませんので、この線は考えなくて大丈夫でしょう。

 

 

 

まこちょ
まこちょ

【要チェック!】ここまでの説明で「名詞」が英文中で必ず役割を与えられるという点が今一つ分からない方は、以下の記事をまず読んでみることをおススメします。

 

英文中の名詞の働きにはどんなものがあるか?役割をしっかり押さえて解釈を強化しよう!

 

 

 

したがって文頭のto不定詞が「名詞用法(~すること)」の場合は動詞(V)の主語になっているのです。

 

 

文頭のtoが名詞用法のとき
[To do… ] + V ~

 

「なるほど!To不定詞句が動詞の主語(S)になっているんだね!」

 

【問】の(1)を見てください。この文の不定詞句はsolveが他動詞ですから、this problemまでが句の範囲になります。ちょっとカッコでくくってみると

 

 

[To solve this problem]  is important.

 

 

そうするとこの文のto不定詞句は、isの主語(S)になっているのが分かるでしょうか。

 

 

[To solve this problem]=(S)  is(V) important.
 
 
 
つまりこのto不定詞句は「名詞用法」と分かります。「~すること」と解釈していきましょう。
 
 
[To solve this problem]  is important.
「この問題を解決することは大切だ」
 
 

文頭のto不定詞が副詞用法「~するために」の場合

名詞用法に対して副詞用法は「副詞」ですから、英文の役割は与えられません。
 
 
 
つまり主節の主語(S)と動詞(V)はto不定詞句の箇所に関係なくあるわけですよね。公式的には以下のようになるはずです。
 
 
文頭のtoが副詞用法のとき
[To do… ] + S+V ~
 
 
【問】の(2)を見てください。この文の主節の箇所はwe should do…なのは間違いありません。
 
 
 
つまり動詞(V)の主語(S)はもうあるわけで、To solve this problemが「名詞句」になるのは意味がありません。
 
 
 
そう、このto不定詞は「副詞用法」なんですね。
 
 
[To solve this problem], we(S) should do(V) everything.
 
 
文頭のto不定詞が「副詞用法」の時は「目的(~するために)」か「条件(もし~ならば)」で訳します。今回は「目的」で訳すと良いでしょう。
 
 
 
[To solve this problem], we(S) should do(V) everything.
「この問題を解決するために、私たちはすべてのことを行うべきだ」
 
 
まこちょ
まこちょ

ちなみに不定詞の副詞用法は非常に種類が多くて英語リーディング学習者にとって難関の1つです。以下の記事を集中学習してみましょう。副詞用法の押さえるべきツボが分かります。

 

副詞用法の不定詞句の見分け方で、英文解釈上絶対に気をつけなければならないこととは?

 

 
スポンサーリンク

文頭のto不定詞 実践問題

 
では今回の学習を踏まえて、今回の「文頭のto不定詞の解釈方法」をおさらいしてみます。
 
 
 
題材は「TIME」からの抜粋ですが、こんな英文もしっかりと読めてしまうんです。
 

【問】下の単語を参考にしながら和訳しなさい。

To say that our economic future is being determined by the economists would be an exaggeration.

 

【英単語】

exaggeration 名: 誇張        

                             (出典:TIMEより抜粋)

 
さて、どうでしょうか。To不定詞から始まっているこの文ですが慌ててはいけません。文頭のto不定詞の解釈は2通りしかないのですから。
 
 

文頭のto不定詞の実践解釈

 
 
To say that our economic future is…
 
 
 
To say…で始まるこの文ですが、文頭のto不定詞の解釈は2種類。したがってこの時点では前述のどちらの解釈になるのかは【分かりません】。
 
 
 
このように書くと「なんて無責任なやつだ!」と思う人もいるでしょうね。ですがそれが正しい解釈です。
 
 
 
文頭のto不定詞が2つの解釈のうちどちらを取るのかは後続に続く文の形を見るまでは判断できないのに、この時点で「分かるぜ!」とドヤ顔で言われても困ります。
 
 
 
 
というかそれは適当読みですよね。
 
 
 
 
このブログは、英文を左から右に読んでいくのはもちろんですが、正確に解釈するのを目的にしています。あわててはいけません。
 
 

sayの後ろのthatは接続詞

sayの後ろ、というよりも【動詞の後ろにあるthatはまず「接続詞のthat」と疑え】というのは英文解釈上重要なセオリーです。
 
 
 
 
まこちょ
まこちょ
このへんのセオリー的は内容は、以下の記事に詳しく解説させていただきました。
 
 
 
 
 
thatが接続詞である以上は後ろにS+Vと続いています。that節の範囲がどこまでかを確認していきましょう。
 
 
To say [ that our economic future is being determined by the economists ] would…
 
 
 
この青い部分がsayの目的語(O)になっています。全体として
 
 
 
[ To say [ that ~] ]=(S)  would be(V)
 
 
 
とTo say以下がwould beの主語(S)になっていることをしっかり押さえましょう。
 
 
 
つまりこの文頭のto不定詞は「名詞用法」。ここでは「条件」として訳すのが一番しっくりいく訳し方です。
 
 
完全訳「我々の経済の未来を決定しつつあるのは経済学者であると述べるとすれば、それは誇張になるであろう」
 
スポンサーリンク

あとがき

 
今回は文頭のto不定詞の解釈方法について記事にしました。
 
 
 
大事なことは、文頭にきた句・節は後ろに続く形を吟味しないと訳が決定しないということです。
 
 
 
これを左から順に読みつつ正確な判断をしていくのはそれほど簡単なことじゃありません。
 
 
ぜひマスターしていただいて、今後の英文リーディングにお役立てください。また会いましょう。
 

文頭の学習手順がよく分からない、という方は以下の記事を確認してみてください。

「文頭」のパターン学習の手順方法に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました